A03-KB003 生体組織の音響特性と構造的特徴の相互理解による質的迅速細胞診断

From Multidisciplinary Computional Anatomy
Jump to: navigation, search

メンバー

  • 研究代表者
    山口 匡(千葉大学)

概要 

申請者らがこれまでに研究開発しノウハウを蓄積してきた「細胞単位での生体物性解析」と、「組織構造単位または臓器単位での特徴解析」とを計算機モデルを介して「病理学的知見」と結びつけることにより、統合的な生体物性モデルを作成し、臨床応用において「非侵襲な細胞診断」を実現することを究極的な目標とする。本応募課題では、その中から「細胞レベルでの質的病理診の具現化」に特化し、断総合的生体物性モデルを介して薄切標本から音波のみで質的・形態的特徴を同時判定可能(または既存の病理検査結果から質的評価が可能)な新規の病理診断法を創出する。