A02-KB110 呼吸筋機能解析のための胸腹部骨格筋複合認識技術の開発

From Multidisciplinary Computional Anatomy
Jump to: navigation, search

メンバー

  • 研究代表者
    神谷 直希 (愛知県立大学 情報科学部・講師)
  • 連携研究者
    佐藤晋(京都大学医学部 呼吸器内科・助教)  

概要

本研究では,呼吸機能の解析対象としての呼吸筋に着目し,骨格筋を用いた呼吸機能解析のための胸腹部の骨格筋複合認識技術の開発を行う.ここでは,胸腹部の呼吸筋について,我々が既に確立した大腰筋等の深部筋や腹直筋等の表層筋領域の自動認識手法を発展・高度化し,胸腹部呼吸筋の複合認識・解析技術の開発を目的とする.具体的には,筋線維の走行に基づく呼吸筋の走行・形状モデルを構築し,呼吸筋の部位別自動認識を目的とする.これにより,呼吸機能と骨格筋の関係を明らかにするために必要な,部位別の呼吸筋の情報や骨格筋間の関係が明らかになる.そして,空間軸,機能軸,時間軸横断型の呼吸筋数理モデルの構築を目指す.

概要図

A02-KB110.png