A02-KB109 多元ヒト脳図譜データベースによる脳深部刺激療法支援システム

From Multidisciplinary Computional Anatomy
Jump to: navigation, search

メンバー

  • 研究代表者
    諸岡 健一(九州大学・准教授)
  • 連携研究者
    宮城 靖(福岡みらい病院・機能神経外科・部長 )

概要

我々は,世界初の試みである,1体の日本人献体脳を用いて,脳表から組織・細胞構造までの形態解剖・生理情報を内蔵した精緻なデジタル脳図譜を開発中である.本研究では,この標準脳図譜を基盤に,1)性別・年齢(時間軸)や疾患(病理軸)などに特異的な多元脳図譜データベースと,2)これに基づき標準脳図譜を変形させ,脳内構造の個人差・疾患特異性に対応した患者固有脳図譜推定法を構築することで,次世代テイラーメイド脳外科手術支援システムの開発を目的とする.

概要図

A02-KB109.png