第41回 科研費新学術領域「多元計算解剖学」セミナー

From Multidisciplinary Computional Anatomy
Jump to: navigation, search
  • 日時
    • 2018年 2月22日(木) 13:30 - 14:30
  • 場所
    • 東京農工大学 小金井キャンパス 6号館 L0631
  • 演者 
    • 剣持雪子(フランス国立科学研究センター)
  • タイトル
    • デジタル画像の回転と移動:離散的なアプローチ
  • アブストラクト
    • 回転と平行移動からなる剛体運動は、デジタル画像の基本的な幾何学変換のひとつであり、画像の位置合わせや matching など、さまざまな画像処理の過程で使われている。連続空間では、そのような等距変換は全単射であり、いかなる形状も変化せず保存される。しかしながら、デジタル画像のような離散空間では、ほとんどの場合、形状(幾何学、トポロジーなど)は保存されず、つまり画像が劣化するという問題を引き起こすことはよく知られている。この講演では、それらのデジタルに特化した問題について、デジタル幾何学、デジタルトポロジー、数論や組合せ論の側面から原因を見直すとともに、いくつかの問題を離散的に解決する方法を提案する。
  • プログラム