第25回 科研費新学術領域「多元計算解剖学」セミナー

From Multidisciplinary Computional Anatomy
Jump to: navigation, search
  • 日時
    • 2016年5月24日(火) 16:00~19:00
  • 場所
    • 東京大学 本郷キャンパス 工学部14号館321室
  • 演題
    • タイトル
      • 医学系研究を志す研究者のための腫瘍総論
    • プログラム
      • 細胞の可逆的、不可逆的損傷と、その用語や実際の病変の観察
      • 細胞の損傷に伴う組織変化から時間経過を推定する方法
      • 急性・慢性炎症と組織修復
    • 演者
      • 稲井邦博先生(福井大学医学部医学科)
    • アブストラクト
      • 本セミナーでは、多元計算解剖学において重要となる病理学画像の解釈について、工学系研究者が最低限知っておくべき基礎知識についての講義を行うことを目的とする。第1回は、細胞の可逆的、不可逆的損傷、細胞の損傷に伴う組織変化から時間経過を推定する方法、急性・慢性炎症と組織修復等や実際の病理画像観察おいて必要不可欠な基本概念および用語解説について講義を行う。第2回では多くの研究の対象となる腫瘍の組織学的な分類について、また病理解剖の今後の展開としてのオートプシー・イメージングについて概説する。