第17回 科研費新学術領域「多元計算解剖学」セミナー

From Multidisciplinary Computional Anatomy
Jump to: navigation, search
  • 日時
    • 2015年10月4日(日)17:00~
  • 演題
    • タイトル
      • 米国肺移植プログラムにおけるドナー肺を用いた研究と臨床
    • 演者
      Toshihiro Okamoto (Clinical Associate, Cleveland Clinic)
      http://my.clevelandclinic.org/staff_directory/staff_display?doctorid=18033
    •  アブストラクト
      米国における臨床肺移植において、ドナー肺の活用率は20%にとどまり、待機患者の300名以上が、毎年、死亡するか病状の悪化により待機リストから外されており、慢性的にドナー肺は不足しています。ドナー臓器不足の問題を打開する大きな可能性として、臨床チームに適応外として拒絶された肺を対象として、体外肺臓器灌流装置を用いて、臓器の機能評価、保存、および治療をおこなう方法が積極的に試みられています。これまでの体外肺臓器灌流装置の研究、およびに現在の臨床応用の流れを解説いたします。
      The shortage of suitable transplant donor lungs remains a critical problem in the United States. The utilization rate of donor lungs is less than 20% with more than 300 transplant candidates dying or being removed from the wait-list due to their disease progression. A new innovative technology, ex vivo lung perfusion, has potential to solve this problem. Utilizing currently unsuitable for transplant donor lungs, ex vivo perfusion has the potential to repair these organs making them suitable for transplantation. A review of the current ex vivo lung perfusion research literature and clinical applications will be discussed.


  • 問い合わせ先
    • 仁木 登
      徳島大学工学部
      E-mail niki @ tokushima-u.ac.jp