第1回多元計算解剖学若手サマースクール

From Multidisciplinary Computional Anatomy
Jump to: navigation, search

第1回多元計算解剖学若手サマースクール

  • 場所
    • アクティプラザ琵琶 (滋賀県)
  • 目的
    • 若手研究加速のためのグループワーク "KAITE" (知識(Knowledge)・アプリケーション(Application)・実装(Implementation)・技術(Technique)の交換(Exchange))若手研究者が抱えている研究プロジェクトにおける「技術的ニーズ」や「研究シーズ」をそれぞれ持ち寄り、ディスカッション形式でマッチングを行い、オンデマンドで研究グループを作る。
    • 研究グループは論文を書くことを前提で、「研究をまとめる」ためにはどうまとめればいいのかを議論しあう。
  • 対象
    • ドクター進学希望以上の大学院生及び若手研究者
  • スケジュール(予定):
    • 9月19日(土)
    オリエンテーション (概要説明)
    自己紹介を兼ねた研究発表 (ポスターティーザ形式)
    マッチング後、研究グループの決定
    • 9月20日(日)
    テーマ別各自持ち寄りの研究発表(ポスターティーザ形式)
    グループワーク1
    グループワーク中間発表(午後)
    グループワーク2
    • 9月21日(月)
    グループワーク最終発表(午前)
  • 費用(予定)
    • 9,800円/泊+懇親会費
  • 備考
    • 本サマースクールの成果物は、ワーキンググループごとの「テーマ(タイトル)」「サブミットの時期(国際学会発表予定or論文サブミット)」「共著者」を考えています。
    • このサマーワークショップでは、若手の育成を主目的にしておりますが、シニアの先生方の参加も歓迎いたします。