第1回多元計算解剖学におけるスパコン利用セミナー

From Multidisciplinary Computional Anatomy
Jump to: navigation, search

日時

  • 2016年7月27日(水) 13:30 - 17:30

場所

  • 名古屋大学情報基盤センター4F演習室 (当初の案内から変更になりました)
  • アクセス

Program

  • プログラム概要
第1回目は、名古屋大学情報基盤センター大規模計算研究部門教授の片桐先生にスパコンの解説を簡単なプログラミングの方法に関して解説していただく予定です。実践的なプログラミング講習会は別途開催の予定です。また、スパコン見学会も併せて実施する予定です。
  • プログラム
13:30 - 13:40 主催者あいさつ
13:40 - 15:40 スパコンについて (名大情報基盤センター 片桐先生)
15:40 - 15:50 休憩
15:50 - 16:10 スパコン見学
16:10 - 17: 30 多元計算解剖学におけるスパコン利用 総合討論

申し込み方法

以下のフォームにご記入の上、件名に「多元計算解剖学におけるスパコンセミナー参加申し込み」とご記入の上、

tagen-sc (at) mori.m.is.nagoya-u.ac.jp

までメールにてお申し込みください。折り返し確認のメールを送付させていただきます。

参加申込フォーム
第1回多元計算解剖学におけるスパコン利用セミナーに出席します
名前
所属(大学名+研究科名)
職名(教授、修士学生、博士学生など)
電子メールアドレス

開催の趣旨

  • 多元計算解剖学においては取り扱うデータの次元が格段に増加し、研究室内でのコンピュータでは処理ができない、あるいは、メモリ不足で計算できないことが数多く発生しているかと思います。また、サブペタバイト級のデータをどのように取り扱うか、512GByteを超えるようなボリューム画像をどのように可視化するかも大きな問題となってきています。 そこで多元計算解剖学総括班融合WGでは、多元計算解剖学におけるスパコン利用セミナーを開催することにいたしました。

問い合わせ先

名古屋大学情報連携統括本部/大学院情報科学研究科/情報基盤センター 森健策
ホームページ http://www.newves.org