成果一覧

From Multidisciplinary Computional Anatomy
Jump to: navigation, search

Contents

A01 多元計算解剖学の基礎数理と基盤技術

  1. (計画)A01-1 多元計算解剖学における基礎数理
    研究代表者:本谷 秀堅(名古屋工業大学・教授)
    Publication/A01-1/FY2014
    Publication/A01-1/FY2015
    Publication/A01-1/FY2016
    Publication/A01-1/FY2017
  2. (計画)A01-2 多元計算解剖学における形態情報統合の基盤技術
    研究代表者:清水 昭伸(東京農工大学・教授)
    Publication/A01-2/FY2014
    Publication/A01-2/FY2015
    Publication/A01-2/FY2016
    Publication/A01-2/FY2017
  3. (計画)A01-3 多元計算解剖学における機能情報統合の基盤技術
    研究代表者:佐藤 嘉伸(奈良先端科学技術大学院大学・教授)
    Publication/A01-3/FY2014
    Publication/A01-3/FY2015
    Publication/A01-3/FY2016
    Publication/A01-3/FY2017
  4. (公募・28年度終了課題)A01-KB001 生体多元情報取得のための粘弾性画像の高空間分解能化手法の開発
    研究代表者:菅 幹生(千葉大学・准教授)
    Publication/A01-KB001/FY2015
    Publication/A01-KB001/FY2016
  5. (公募・28年度終了課題)A01-KB002 マルチスケール解析に向けた病理画像生成法とMR画像との位置合わせ手法の開発
    研究代表者:大西 峻(千葉大学・フロンティア医工学センター)
    Publication/A01-KB002/FY2015
    Publication/A01-KB002/FY2016
  6. (公募・28年度終了課題)A01-KB003 多様な画像データベースからの解剖学的ランドマーク点自動定義アルゴリズムの開発
    研究代表者:花岡 昇平(東京大学・医学部附属病院)
    Publication/A01-KB003/FY2015
    Publication/A01-KB003/FY2016
  7. (公募・28年度終了課題)A01-KB004 ヒト器官形成期において分岐構造を有する器官の3次元分枝パターンを解析する
    研究代表者:高桑 徹也(京都大学・医学系研究科)
    Publication/A01-KB004/FY2015
    Publication/A01-KB004/FY2016
  8. (公募・28年度終了課題)A01-KB005 遺伝子発現情報のクラスタリングにもとづいた肺がん組織病理画像の特徴抽出
    研究代表者:小野 直亮(奈良先端科技大・情報科研)
    Publication/A01-KB005/FY2015
    Publication/A01-KB005/FY2016
  9. (公募・28年度終了課題)A01-KB006 肝小葉内の類洞-毛細胆管の3次元ネットワークデザイン解析
    研究代表者:昌子 浩登(京都府立医科大学・医学部)
    Publication/A01-KB006/FY2015
    Publication/A01-KB006/FY2016
  10. (公募・28年度終了課題)A01-KB007 新生児脳の成長統計形状モデル構築による子どもの発達障害発症リスク評価
    研究代表者:小橋 昌司(兵庫県立大学・工学系研究科)
    Publication/A01-KB007/FY2015
    Publication/A01-KB007/FY2016
  11. (公募・28年度終了課題)A01-KB008 多重線形スパースモデリング法による多元医用データの解析
    研究代表者:陳 延偉(立命館大学・教授)
    Publication/A01-KB008/FY2014
    Publication/A01-KB008/FY2015
    Publication/A01-KB008/FY2016

A02 多元計算解剖学の応用システム

  1. (計画)A02-1 多元計算解剖モデルを利用した術前術中診断・治療支援システム
    研究代表者:森 健策(名古屋大学・教授)
    Publication/A02-1/FY2014
    Publication/A02-1/FY2015
    Publication/A02-1/FY2016
    Publication/A02-1/FY2017
  2. (計画)A02-2 多元計算解剖モデルを利用した腫瘍診断支援システム
    研究代表者:仁木 登(徳島大学・教授)
    Publication/A02-2/FY2014
    Publication/A02-2/FY2015
    Publication/A02-2/FY2016
    Publication/A02-2/FY2017
  3. (計画)A02-3 多元計算解剖モデルを利用した臓器・組織機能診断支援システム
    研究代表者:藤田 廣志(岐阜大学・教授)
    Publication/A02-3/FY2014
    Publication/A02-3/FY2015
    Publication/A02-3/FY2016
    Publication/A02-3/FY2017
  4. (公募・28年度終了課題)A02-KB001 脳局所特徴に基づく高精度脳MRI画像解析技術の開発
    研究代表者:伊藤 康一(東北大学)
    Publication/A02-KB001/FY2015
    Publication/A02-KB001/FY2016
  5. (公募・28年度終了課題)A02-KB002 5-ALAを用いた脳腫瘍手術中の定量的腫瘍イメージング技術
    研究代表者:羽石 秀昭(千葉大学・教授)
    Publication/A02-KB002/FY2015
    Publication/A02-KB002/FY2016
  1. (公募・28年度終了課題)A02-KB003 X線動画イメージングによる胸郭運動ならびに肺機能評価の試み
    研究代表者:田中 理恵(金沢大学)
    Publication/A02-KB003/FY2015
    Publication/A02-KB003/FY2016
  2. (公募・28年度終了課題)A02-KB004 可視~近赤外域分光機能型超高分解能OCTイメージング
    研究代表者:西澤 典彦(名古屋大学)
    Publication/A02-KB004/FY2015
    Publication/A02-KB004/FY2016
  3. (公募・28年度終了課題)A02-KB005 医用画像と電磁界解析の融合による脳刺激支援技術の開発
    研究代表者:平田 晃正(名古屋工業大学)
    Publication/A02-KB005/FY2015
    Publication/A02-KB005/FY2016
  4. (公募・28年度終了課題)A02-KB006 乳房MRIにおける病変形態と代謝・生理機能の解析に基づく高度知能化診断システム
    研究代表者:中山 良平(立命館大学)
    Publication/A02-KB006/FY2015
    Publication/A02-KB006/FY2016
  5. (公募・28年度終了課題)A02-KB007 剪断波伝搬モデルに基づく定量的組織粘・弾性映像法の開発と肝線維化早期診断法の研究
    研究代表者:椎名 毅(京都大学)
    Publication/A02-KB007/FY2015
    Publication/A02-KB007/FY2016
  6. (公募・28年度終了課題)A02-KB008 マイクロフォーカスX線源を利用したX線暗視野法の開発と病理学への応用
    研究代表者:安藤 正海(東京理科大学)
    Publication/A02-KB008/FY2015
    Publication/A02-KB008/FY2016
  7. (公募・28年度終了課題)A02-KB009 認知症診断のためのAβ,糖代謝,脳形態変化,血中成分の経時変化統合手法の構築
    研究代表者:木村 裕一(近畿大学)
    Publication/A02-KB009/FY2015
    Publication/A02-KB009/FY2016

A03 多元計算解剖学の展開

  1. (計画)A03-1 多元計算解剖学の外科における臨床展開
    研究代表者:橋爪 誠(九州大学・教授)
    Publication/A03-1/FY2014
    Publication/A03-1/FY2015
    Publication/A03-1/FY2016
    Publication/A03-1/FY2017
  2. (計画)A03-2 多元計算解剖学の画像診断における臨床展開
    研究代表者:木戸 尚治(山口大学・教授)
    Publication/A03-2/FY2014
    Publication/A03-2/FY2015
    Publication/A03-2/FY2016
    Publication/A03-2/FY2017
  3. (計画)A03-3 多元計算解剖学の生体医工学における学術展開
    研究代表者:小林 英津子(東京大学・准教授)
    Publication/A03-3/FY2014
    Publication/A03-3/FY2015
    Publication/A03-3/FY2016
    Publication/A03-3/FY2017
  4. (公募・28年度終了課題)A03-KB001 正常から病態へ ~脳動脈瘤の発生に関する多元計算解剖学的アプローチ~
    研究代表者:新妻 邦泰(東北大学)
    Publication/A03-KB001/FY2015
    Publication/A03-KB001/FY2016
  5. (公募・28年度終了課題)A03-KB002 CTとMRIを融合させる多元型変形可能な膵臓手術シミュレーションソフトの開発研究
    研究代表者:大城 幸雄(筑波大学)
    Publication/A03-KB002/FY2015
    Publication/A03-KB002/FY2016
  6. (公募・28年度終了課題)A03-KB003 生体組織の音響特性と構造的特徴の相互理解による質的迅速細胞診断
    研究代表者:山口 匡(千葉大学)
    Publication/A03-KB003/FY2015
    Publication/A03-KB003/FY2016
  7. (公募・28年度終了課題)A03-KB004 頭蓋顎顔面形態異常における計算解剖学と計算力学を用いた外科矯正手術支援
    研究代表者:末永 英之(東京大学)
    Publication/A03-KB004/FY2015
    Publication/A03-KB004/FY2016
  8. (公募)A03-KB005 廃止
  9. (公募・28年度終了課題)A03-KB006 肝類洞血流調節因子と肝細胞機能の多次元計算解析~病理、生理、生化、情報遺伝学~
    研究代表者:工藤 篤(東京医科歯科大学)
    Publication/A03-KB006/FY2015
    Publication/A03-KB006/FY2016
  10. (公募・28年度終了課題)A03-KB007 胸壁並行断面CT(オニオンスライスCT)による間質性肺炎のコンピュータ支援診断
    研究代表者:岩野 信吾(名古屋大学)
    Publication/A03-KB007/FY2015
    Publication/A03-KB007/FY2016
  11. (公募・28年度終了課題)A03-KB008 マイクロCT画像による組織学的診断技術の確立
    研究代表者:中村 彰太(名古屋大学)
    Publication/A03-KB008/FY2015
    Publication/A03-KB008/FY2016
  12. (公募・28年度終了課題)A03-KB009 ヒト初期胎児組織切片からの三次元モデル作成と発生学教育への応用
    研究代表者:山田 重人(京都大学)
    Publication/A03-KB009/FY2015
    Publication/A03-KB009/FY2016
  13. (公募・28年度終了課題)A03-KB010 多元計算解剖モデルと生体質感造形技術を融合した高度知能化治療支援システムの確立
    研究代表者:杉本 真樹(国際医療福祉大学)
    Publication/A03-KB010/FY2015
    Publication/A03-KB010/FY2016
  14. (公募・28年度終了課題)A03-KB011 脊柱管狭窄症診断のためのX線動画像からの脊柱管変形のリアルタイム計測手法の確立
    研究代表者:加藤 博一(奈良先端科技大)
    Publication/A03-KB011/FY2015
    Publication/A03-KB011/FY2016
  15. (公募・28年度終了課題)A03-KB012 共焦点内視鏡による消化管神経叢異常の多元的病因解析体系の開発
    研究代表者:炭山 和毅(東京慈恵会医科大学)
    Publication/A03-KB012/FY2015
    Publication/A03-KB012/FY2016
  16. (公募・28年度終了課題)A03-KB013 未来予測手術具現化のための脳機能データベース及び標準脳の作成
    研究代表者:田村 学(東京女子医科大学)
    Publication/A03-KB013/FY2015
    Publication/A03-KB013/FY2016
  17. (公募・28年度終了課題)A03-KB014 トポロジーに着目した心臓病理検体からの先天性心疾患計算解剖モデルの構築
    研究代表者:原口 亮(兵庫県立大学)
    Publication/A03-KB014/FY2015
    Publication/A03-KB014/FY2016


成果一覧用テンプレート


Personal tools
Namespaces

Variants
Actions
Menu
メニュー
Tools