平成29年度日本学術振興会ひらめき☆ときめきサイエンス「外科手術の現在は?そして将来はどうなるの?」

From Multidisciplinary Computional Anatomy
Jump to: navigation, search

Contents

日時

  • 2017年8月5日

場所

  • 九州大学 病院キャンパス ウエストウィング

概要

  • 当プログラムは、大学や研究機関で科研費により行われている最先端の研究、その成果を直に「見る」、「聞く」、「触れる」ことでおもしろさを体験出来るプログラムです。
「外科手術の現在は?そして将来はどうなるの?」と題し、これまでの内視鏡外科手術、ロボット手術、シミュレーション手術、3D手術などの外科手術の移り変わりとその実現に貢献してきた研究開発に関して、体験を交えて勉強できる中高生対象のプログラムとなっております。

受講対象者

  • 中学生・高校生

演者

  • 橋爪 誠先生(九州大学)

プログラム

09:45 - 10:00 受付(集合場所:病院キャンパス ウエストウィング3階 エレベーター前)
10:00 - 10:20 開講式(あいさつ、オリエンテーション、科研費の説明)
10:20 - 10:50 講義1:これまでの外科手術の変遷に関して
10:50 - 12:00 シミュレーター体験・3D内視鏡体験
12:00 - 12:30 休憩
12:30 - 13:00 講義2:先端医療と外科手術の未来像に関して
13:00 - 14:00 内視鏡外科トレーニング
14:00 - 14:30 ディスカッション
14:30 - 14:50 修了式(アンケート記入、未来博士号授与)
14:50 - 15:00 終了
Personal tools
Namespaces

Variants
Actions
Menu
メニュー
Tools