医用画像情報学会 平成28年度秋季(第176回)大会

From Multidisciplinary Computional Anatomy
Jump to: navigation, search

日時

  • 2016年10月1日(土) 9:10-16:45

場所

プログラム

開場 9:10
受付 9:15~9:40
開会のあいさつ 9:40~ 9:45
セッションⅠ 9:45~11:00(発表10分+質疑応答・PC交換5分,5演題75分) 
座長:有村秀孝(九州大学)
A1.人工知能技術を利用した症例データベース活性化の試み
A2.Deep Convolutional Neural Networkを用いた肺癌細胞顕微鏡画像の自動分類に関する予備的検討
A3.ディープラーニング技術を用いた乳房X線画像における構築の乱れの自動検出手法の改良
A4.Deep Neural Networkを用いた胸部X線画像の骨信号抑制の試み
A5.Deep Learningを用いた歯科パノラマX線画像における歯の分類
休憩 10分
教育講演 11:10~12:00(50分) 司会:朝原正喜(徳島文理大学)
徳島大学大学院教授 生島仁史 先生
「画像誘導放射線治療」

昼食 12:00~13:00(理事会12:10~12:55)
特別講演 13:00~13:50(50分) 司会:藤田広志(岐阜大学)
名古屋大学情報基盤センター長・教授 森 健策 先生
「医療分野における3Dプリンタの応用の現状」
科研プレゼンテーション 13:50~14:00
文科省科研費・新学術領域研究
「医用画像に基づく計算解剖学の多元化と高度知能化診断・治療への展開」
(略称:多元計算解剖学,H26-30)における公募研究のご案内
岐阜大学大学院医学系研究科 藤田広志先生
休憩 10分
セッションⅡ 14:10~15:10(発表10分+質疑応答・PC交換5分,4演題60分)
座長:水谷 宏(徳島文理大学)
B1.子宮頸癌に対する腔内小線源治療計画時におけるCBCT画像の画質評価
B2.Computed Radiography を用いた Multi-Leaf collimator の精度管理
B3.高精度放射線治療におけるFCMに基づく肉眼的腫瘍体積抽出法の研究
B4.中性子の放射線加重係数の精密評価のための照射系設定と基礎的検討
休憩 10分
セッションⅢ 15:20~16:35(発表10分+質疑応答・PC交換5分,5演題75分)
座長:石井里枝(徳島文理大学)
C1.新生児頭部超音波エコー動画像中の頭蓋内拍動パワーの経日変化解析
C2.赤外線視線追跡装置を用いたCT colonography読影の視線調査
C3.患者皮膚表面線量推定ソフトウェアの有用性
C4.小型OSL線量計を用いた小児X線撮影における介助者被ばく実測に向けた現状と課題
C5.Air Gap法を併用した散乱線補正処理の有効性


閉会のあいさつ 16:35~16:45